秋田の魁新聞に紹介されました

秋田の地元紙、魁 (さきがけ) 新聞にTime&Bouquet をご紹介していただきました。

 2018年2月10日秋田魁新聞 掲載記事

秋田にはTime&Bouquet を製造している『協和精工株式会社』 の皆瀬工場があります。

今日は協和精工のお話を。

いきなりですが、『時計』と言って真っ先に思い浮かべる国はやはりスイスですか?

時計好きの皆さまはよくご存知かと思いますが、フランスとの国境に沿って伸びるスイスのジュラ山脈、その山麓の地域には中世からの時計製造の町として、世界遺産にもなった有名なラショードフォンや世界の時計職人たちが憧れる聖地、ジュー渓谷などがあり一流の時計職人と高級時計メーカーが集結しています。

1年の半分近くは深い雪に閉ざされる中で職人たちが黙々と時計づくりをしてきたという歴史ある場所です。
ですので時計というとスイスなのですが、雪のイメージも強いです。

所かわって秋田県の皆瀬は、都市から離れ山々に囲まれた自然豊かな土地です。冬になると深い雪に囲まれます。

工場が雪に包まれてますね。
スイスの雪の中の時計工房を思い浮かべてしまいます。
美しい渓谷、豊富な雪解け水、清浄な空気の中で時計が作られ、職人が育てられているということもなんだか似ています。

協和精工は母体は切削工具メーカーですが、優れた工具と製造のノウハウ、優秀な職人によって作られる高級腕時計ブランド『MINASE』を展開し、日本だけでなくドイツやフランス、世界にもその名が知られるようになってきました。

Time&Bouquetの『永く大切にできる腕時計』は そんな秋田が誇る時計メーカーで作られています。
高い技術だけでなく、清らかな環境と真摯なモノづくりから生まれる時計は、身につけて気持ちの良いモノだと思いませんか。

MINASEのHPにある、2017年フランスで紹介された『MINASE』の記事がとても素敵な内容でしたので、是非読んでみてください。
http://www.minase-watches.com/lesrhabilleurs

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です